口腔外科

インプラント

インプラント治療がすべての治療ではありません!!

インプラント治療をすればなんでも解決するように思われるかもしれませんが、インプラントの治療は歯の治療の一つの方法でしかありません。歯を無くしてしまった場合、それを補うためにインプラントを使用します。

実際のところ、インプラントの治療によって得られるメリットは多くあります。

どんなことが解決できるかというと

入れ歯で毎食後、外して清掃しているところを取り外しなしで歯磨きができる

奥歯がなくてかめなかったところが、しっかりかめるようになる

歯が減ってきて、順番になくなってきたものが、かみ合わせをインプラントで支えることで他の歯を守ることができる

なくなった歯の両横の歯を削らないといけないところを削らなくてもすむ

などなど

デメリットとしては

外科的な処置であったり、長期の治療になったり、高額の治療であったりします

心配なことも多くあると思います。

セカンドオピニオンとしてご相談を無料でお受けしますのでお気軽にご予約ください。

 

 

       

CTデータを駆使した、正確で安全性の高いインプラント

自分の歯を失ってしまった場合、以前は入れ歯やブリッジしか選択肢がありませんでしたが、最近はインプラント治療も急速に普及しています。
インプラント治療はあごの骨にチタン製のスクリューを埋め込み、その上に土台と被せ物をして人工の歯をつくります。入れ歯やブリッジよりフィット感に優れ、まるで自分の歯であるようにかむことができ、見た目も自然で美しいことが特徴です。毎日の食事をしっかり噛んで食事を楽しみたい方には、ぜひお勧めしたい治療法です。

 

入れ歯では、食事のたびに取り外しを行い、掃除をしなければいけません。部分入れ歯の場合では、残っている歯の部分にバネなどをかけて外れないようにします。そのため、残った歯に強い力がかかり歯の寿命を縮めてしまいます。また、多くの場合、入れ歯を入れることに抵抗がある人も多いです。

ブリッジの場合、無くなった歯の両側の歯を削らなくてはいけません。そのため、全く手のつけていない歯を削らなくてはいけない場合もでてきます。また、歯のない部分には、汚れが溜まり易いのでしっかりした清掃が大切です。複数本歯のなくなった場合でブリッジで橋渡しをすると、1本でも悪くなった場合でもすべて外さなくてはいけなくなります。

 

北村歯科医院では、当医院で撮影したCTデータを高精度解析ソフトで3D画像化し、最適な手術計画を策定いたします。さらにインプラント治療が正確におこなえるよう、患者様個々にサージカルガイドと呼ばれる医療器具を作成してオペをおこないますので、施術時間の短縮ができ、安全で、傷を小さくすることができ痛みも軽減できます。

インプラント 治療費用および工程表

インプラント無料相談

問診 CT撮影 ノーベルクリニシャンによる3Dシミュレーション 手術の説明


ここから有料になります
口腔内写真 歯周病検査 診断用模型
技工士さんに模型およびガイドの作成をしてもらいます。約7日間かかります。
ワックスアップ模型
① ワックスアップ模型のCTデータ作成

もしくは

② ラジオグラフィックガイドの作成
  ラジオグラフィックガイドのCT撮影
  ラジオグラフィックガイドセット時の口腔内CT撮影
ノーベルガイドを用いた最終シミュレーション
サージカルガイドの発注をします。ガイドの作成に約10日間かかります。
サージカルガイドの試適
インプラントのオペに向けて体調を整えてください!
インプラント埋入手術一次オペここまでの工程をすべて含んだものとなります。

1本あたり   216,000円 
骨とインプラントがくっつく期間を待ちます。
上顎 4カ月~最大6ヵ月  下顎 2ヵ月~最大3か月

インプラントが骨とくっついているかの最終確認となります。
インプラント二次オペ ヒーリングアバットメントのセット、仮歯のセット  
1カ月歯ぐきの治癒を待ちます。
インプラント上部をつくるための型どり
技工士との連携で仕上げていきます。作製期間として約10日~20日かかります。
上部インプラントのセット
インプラント上部の種類 
かみ合わせが金属でこわれないように
チタンアバットメント + メタルクラウンの場合

  1本あたり    86、400円
白い歯で仕上げるには
ジルコニアアバットメント + セラミッククラウンの場合

  1本あたり   162,000円

セット後の調整
メンテナンス
保証期間を設定しています。必ず3か月~6カ月毎のメンテナンスに来てください。
この期間に来られない場合、インプラントの保証は無効となります。

 

親知らず治療

親知らずは一般的に「第三大臼歯」と言います。親知らずは歯の一番奥に生えてきます。そのため歯磨きが非常に届きにくい場所となり、プラークのたまりやすく歯のまわりに炎症が起こります。炎症がひどくなるとつばを飲み込みにくくなったり、ずきずき疼いたりはれてしまったりします。炎症が繰り返して起こる場合や生えている方向が横に向いている場合抜く必要があります。

親知らずは、横向きに生えて隣の歯に引っかかっていたり、抜歯が難しい根っこの形状であったり、下あごの神経に近いなど治療が難しいケースが少なくありません。このような場合歯の頭の部分と根っこの部分を分けて抜く必要があります。また、歯の周りの骨を削らないといけない時もあります。
そのため、当院では必要な場合、CTで患者様の親知らずの状態を確認後、施術をおこないます。
当院での治療が難しい症例の場合は、連携する口腔外科専門医をご紹介いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

北村歯科スタッフの親知らず体験記はコチラ♪
左下親知らず抜歯 体験記
右下親知らず抜歯 体験記②
左下親知らず抜歯 体験記③