予防歯科

歯周病の予防

自覚症状のない歯周病を効果的に予防

日本人が歯を失う最大の原因は歯周病です。なんと、歯を失う約4割の原因が歯周病です。
感染症の一種である歯周病は、歯ぐきのはれや出血からはじまり、進行するにつれあごの骨を溶かし、最終的に歯を失う病気です。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれていますが、残念ながらかなり症状が進行しないと自覚症状が現れないため、ほとんどの人が歯周病にかかっていることに気づいていないのが現状です。気がついたときには手遅れになるケースも少なくないため、早期発見と予防がなにより大切です。

歯周病の発病が多いのは、働き盛りの40代以降です。この世代は仕事や家事・育児の忙しさに追われ、痛みがなければ通院を後回しにしがちですが、歯ぐきのはれや出血などの症状が現れたら、まず歯周病の可能性を考えてみましょう。

歯周病の進行症状

① 健康な歯肉は薄いピンク色をしており、弾力があり、引き締まっています。

② 歯肉は赤く、歯と歯のあいだの歯肉が丸みを帯びてふくらんでおり、歯みがきをすると出血することがあります。
歯と歯ぐきの隙間に食べカスなどがたまり、歯みがきで除去できずにいると、そこに多くの歯周病原菌が増殖し、歯垢(プラーク)が蓄積します。プラークは唾液によって石灰化して歯石となり、さらに歯周病原菌から分泌されるネバネバとした物質により、バイオフィルムをつくり出し、ますます歯周病原菌が好む環境に。歯周病原菌は毒素を出して歯肉に炎症を引き起こし、この状態を「歯肉炎」といいます。

③ 歯肉炎が進行すると、「歯周炎」(歯周病)となります。歯肉は赤紫色になり、炎症が歯肉からあごの骨にまで広がります。歯肉がやせていくため、歯が長く見え、歯と歯のあいだに食べ物が詰まりやすくなります。さらに歯を支えるあごの骨(歯槽骨)を溶かしはじめます。
歯みがきをすると、出血やうみが出るようになります。

④ 「重度の歯周病」は、歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯の根の部分が露出し、少しの衝撃で抜けやすくなります。

歯周病の治療

歯周病は1日も早い歯科医院での治療と、正しいブラッシングなどによるセルフケアと予防が不可欠です。当院では、お口の中の検査を行い、歯石やバイオフィルムを取り除くクリーニングやスケーリング(歯石除去)を実施します。
また、歯石やバイオフィルムをたまりにくくするために、歯科衛生士によるブラッシング指導に力を入れており、個々の患者様に合う歯ブラシをフロスや歯間ブラシなども含めてご提案いたします。

年齢や歯の状態、治療状況によってお口の歯の環境が患者様ごとによって違います。また、仕事の勤務時間や勤務環境、生活環境や、家族構成によって、歯みがきをするタイミングも違っていたりします。北村歯科医院では、患者様にあった治療とセルフケアを提案致します。汚れをしっかり落とせる正しいブラッシングを身に付けて歯周病の治療と予防を一緒に頑張りましょう!!

虫歯の予防

ブラッシング指導と食生活指導でむし歯を予防

小児歯科では、虫歯の治療・虫歯の予防・歯列異常の治療や予防・生活習慣・食生活の指導が中心となります。

お子様の歯の治療では、保護者の協力が必要になります。仕上げ磨きやおやつの与え方、糖分の含んだ飲料水の与え方などは特に協力が必要な部分になります。また、お子様から自ら歯科医院に来ることはほぼありません。歯科医院に連れてくることだけでも大変かと思いますが、北村歯科医院ではできる限り楽しく通えるようにしておりますのでご相談ください。

子供の虫歯による歯がなくなることは、どのような影響があるでしょうか?

大人の歯が生えてくるからといってそのままにしないでください。歯がないことで一番の成長期に食事をしっかり噛むことができないと、栄養をしっかり摂ることができません。また、歯並びが悪くなることで、発音や味覚の発育にも影響が出てきます。混合歯列期と言って、乳歯がある時期に大人の歯の永久歯が混在する時期があります。小学校時代がその時期にあたります。乳歯の虫歯をそのままにしていると大人の歯も虫歯になってしまいます。

なぜ乳歯は虫歯になりやすいんでしょうか?

お子様の歯はエナメル質や象牙質の厚みが永久歯の半分ほどしかなく、再石灰化の力も弱いといった、むし歯になりやすい条件が揃っています。また、幼いお子様はうまくブラッシングができませんし、乳歯は痛みも少ないため、気づかないうちにむし歯が進行していることも少なくありません。

当院では歯が生えそろう1歳6ヵ月ごろから定期的な受診をお勧めしています。幼いお子様の歯のブラッシング方法を親御様にお伝えすることからはじまり、おやつの与え方や食事などの生活指導もおこないます。
たとえばミルクの代わりにスポーツ飲料や野菜ジュースなどを習慣的にお子様に与えていると、糖分過多となります。お子様は甘い飲み物を好みますので、ますますミルクの飲みが悪くなる悪循環を招き、むし歯ができやすいだけでなく、全身肥満になりがちです。このような食習慣を続けていると歯の表面が溶かされむし歯になりやすくなり、質の悪い歯となってしまいます。
当院では歯の治療だけでなく食生活指導も含めて、お子様の歯と健康を守るお手伝いをいたします。

また、北村歯科医院では、フッ化物塗布を行なっています。(500円)また、シーラントといって溝の深い歯の溝を埋めることで虫歯になりにくいようにする予防も行なっています。

お子様の歯を守るためには、普段の食生活(おやつも含みます)・歯みがき・予防処置・定期検診が大切です。小学生の学童期になると歯の生え変わりの時期になります。身体的な成長のピークとなるこの時期のかみ合わせをしっかり見ていくことで矯正治療の介入を少なくできることがあります。歯並びのことで気になる方はご相談ください。

マタニティ歯科

マタニティならではの歯のお悩みに対応

妊娠中の女性は心身の状態やホルモンバランスが変化するため、お口の中にも不調が現れがちです。「食べ物の好みが変わり、食生活が急激に変化した」「つわりがあり、ブラッシングが思うようにできない」「赤ちゃんにカルシウムを取られ、歯が弱くなった」など、妊娠前にはなかった症状に戸惑う方も多いのではないでしょうか。

当院では妊婦の患者様に対応するマタニティ歯科医療も積極的におこなっています。
妊婦さんにストレスを与えないよう痛みの少ない治療を心がけ、お薬の処方もできる限り避けるようにしています。痛みを抑えるため必要に応じて麻酔を施しますが、母体や胎児に害のないものです。もちろん、レントゲン撮影の際には必ず鉛エプロンを着用していただきます。
また、妊娠中はつわりや低血圧などで体調が急激に変化しやすいので、治療時間の変更にも柔軟に対応しております。

妊婦歯科健診や歯科治療に適した時期について

オススメの時期は安定期の時期になります。安定期の時期は妊娠16週から妊娠27週くらいになります。妊娠16週になると胎盤の完成時期になります。妊娠27週を過ぎてくると子宮の増大によって下大動脈の圧迫によって低血圧などの症状が出る場合があります。体ごと左に向きましょう。