矯正治療・訪問歯科

矯正治療

歯のない状態が長く続くと、歯がのびてきたり、傾いてきたりします。年齢とともに歯が動いてしまいかみ合わせが悪くなる場合があります。北村歯科医院ではかみあわせをよくするため、また、作った補綴物(被せ物や入れ歯・インプラント)を長く使用してもらえるように矯正治療もおこなっています。

矯正治療には、お子様におこなう小児矯正(一次矯正)と、成人におこなう成人矯正(二次矯正)があります。

 

一次矯正とは、乳歯と永久歯が混在する時期、主に小学生の3年生から6年生くらいの時期に行う矯正治療です。矯正治療の内容としてはかみ合わせの誘導が大きな役目になります。成長の時期と成長段階を見ながら患者さんの協力のもとできる限り年齢にあった歯の位置に誘導する矯正です。矯正に使う装置は、歯の状態によって床装置や固定式の装置を使います。

 

二次矯正とは、永久歯のかみ合わせを、機能的にも審美的にも調和のとれた、かみ合わせを目指す治療となります。永久歯の生えそろった時期が対象となります。開始時期は歯の成長段階にもよりますが、主に中学生以上となります。装置は主にマルチブラケット装置を使った治療となります。矯正用インプラントを使用する場合もあります。

矯正治療は抜歯を行う場合と、抜歯を行わない場合とがありますが、レントゲンや模型による診査診断によって決定されます。できる限り歯を抜かずに治療していきたいのはすべての歯科医の思うところですが、必要な場合は抜歯をしていきます。

 

難しい症例にも対応するため、矯正専門医とも連携しております。

お子様の歯の生え変わりなどで心配のあるかた、歯並びの気になる方はご相談ください。

訪問歯科

訪問診療をご希望の際は、一度医院までご連絡下さい。