入れ歯

入れ歯でこんなお悩みはございませんか?

『入れ歯をいれたけれど上手くかめない』

『入れ歯がなんだかしっくりこない』

『入れ歯の見た目が悪い』

『入れ歯のバネが気になる』

『入れ歯がカタついて、外れる』

そんな悩みを抱えていませんか?

そんな方は、まず当院にご相談ください。

見た目も良く、しっかりかめるいればをご紹介します。どんなところが気になり、どんな風になりたいか。どんな些細なことでも構いません。ぜひお話しください。

高い歯科技工技術で、快適な入れ歯をおつくりします

歯科技工所との連携が密な当院では、入れ歯治療も得意とする分野です。
入れ歯は歯の部分と「床」と呼ばれる土台部分で構成されており、材質も費用もさまざまです。
また、部分的に歯を失った場合に装着する部分入れ歯と、すべての歯を失った場合に装着する総入れ歯があります。

 

入れ歯を製作するためには次の手順で仕上げていきます。

 ① 現在使っている入れ歯の不都合なところ、痛いところ、気に入っているところ、気に入らないところ、など問診を行います。

 ② 入れ歯の型どりを行います。

 ③ 出来上がった模型で模型の分析を行います。

 ④ お口に合ったトレーで精密な2回目の型どりを行います。

 ⑤ 高さ合わせを行います。

 ⑥ 機能的にあった下あごの位置を探します。

 ⑦ 歯を蝋でできた土台に顔や性別、年齢にあった歯を並べます。

 ⑧ お口に試適を行い、鏡を見てもらい確認します。

 ⑨ 入れ歯の完成

 ⑩ 入れ歯を使って食事をしてもらい調整を行い、快適に使ってもらえるようにします。

製作の動画をご覧ください。

総入れ歯にお勧めする治療法

コバルトクロム床

コバルトクロムという合金の床を使った入れ歯で、もっとも一般的。
しっかりとした強度と安定性があります。
当院では優秀な歯科技工士が製作するため、一般的なものより床を薄くでき、フィット感のよいものをご提供できます。

金属床の入れ歯の特徴

1 薄く作ることができる。

  発音や呑み込みに邪魔されず、違和感が少ない

2 傷がつきにくい

 汚れが付きにくく、掃除がしやすく口臭がしにくい。

3 変形がしない

 金属でできているため、かむ力によって壊れにくい。

4 温感がある

 金属でできているため、冷感、温感が感じられる。

5 様々な設計ができる。応用が利く 

シリコンデンチャー

入れ歯の歯ぐき側を生体シリコンでカバーしたもの。
シリコンに弾力性があるため、かんだときの痛みがありません。
当院ではコバルトクロム床との併用をお勧めしています。

当院では、バイテックグローバル社の生体用シリコーンを使ったシリコーン入れ歯を採用しています。

生体用シリコーンの使って入れ歯のメリット

1 歯ぐきにかかるちからを分散し、痛みの緩和をします

  生体用シリコーンを入れ歯のピンクの歯ぐきのふれている部分に均一に敷くことにより、骨の出ているところや、骨のカドになっているところばかりあったてしまう場所を保護することができます。

2 外れにくい

  生体シリコーンの適度な軟らかさが、歯ぐきと吸盤のようにくっついて密閉性を高めます。そのためかむときの発生する横の動きにもしっかりした吸着をします。

3 歯ぐきをやさしく保護します

 歯ぐきの幅は薄い部分や分厚い部分があります。その下にあごの骨があります。その部分に適度な刺激を伝え、骨の吸収をおさえることが重要と考えられています。

チタン床

チタンを床に使った金属床の入れ歯。
チタンは歯科用金属の中で、もっともアレルギーが出にくいといわれています。
金属床のコバルトクロム床より軽く、強度に優れています。

優れた設計にもとづき、部分入れ歯を製作

歯のない部分に歯を入れることは、日常生活において食事を楽しんだり、会話を楽しんだりと健康な生活を送るうえで重要な治療です。

部分入れ歯を制作するときに重要はことは、残っている歯に負担をかけないようにすることです。そのため、北村歯科医院では、歯科技工所との連携を密にとり、入れ歯の設計をしています。自費治療の場合、入れ歯と残った歯を連結させる「アタッチメント」と言われる部分はさまざまな素材や、種類があります。よりよい組み合わせをご提案することができますので、どのようなものがあるかお気軽にお尋ねください。

また、歯の数を増やすことで、残っている自分歯を守りたい。より自分の歯のようにかめるようになりたいとお思いの方はインプラントをお勧めしています。

インプラント治療の項目も是非ご覧ください。

入れ歯のメンテナンス

入れ歯を初めてお使いになる場合、入れ歯が歯ぐきや舌になじむまで約1ヵ月、入れ歯でかむことに慣れるまで約2ヵ月かかるといわれています。入れ歯は義歯といい、義足などと同じで、使っていけるようになるためには、慣れることと使うための練習が必要です。


北村歯科医院では、総入れ歯で快適にご使用されている方も、半年に1回程度のメンテナンスをお勧めしております。長く快適に入れ歯を使うためには入れ歯の点検が大切です。

部分入れ歯のご使用の方は、入れ歯を支えている歯の保存が入れ歯を長く使うための肝です。

歯の保存のためにも、歯科衛生士と一緒に残っている歯の歯みがきを頑張っていきましょう!また、入れ歯にはそれぞれ決まった清掃方法があります。装着時に説明を受けた清掃方法を守ることが入れ歯を快適な状態に保ちます。

入れ歯のご使用の方はどなたでもご相談ください。清掃方法、長く使用するためのコツお教えします!

価格表

総入れ歯

コバルトクロム床+生体シリコン 300,000円
コバルトクロム床 250,000円
チタン床 350,000円

※無歯顎症例の場合は、特定療養制度が適用されます。詳細金額はお尋ねください。

お使いの入れ歯への生体シリコン追加
院内技工 50,000円
仮の入れ歯製作後院内技工 100,000円
仮の入れ歯 15,000円
お試しシリコンデンチャー 10,000円

部分入れ歯

本体価格 200,000円
アタッチメント(1装置につき)
クラスプ 5,000円
マグネット 30,000円
内冠・外冠 50,000円
コーヌスクラウン 85,000円

※上記の表に記載の価格は全て税抜きです。