クリニック紹介

医院情報

北村歯科医院の歴史

北村歯科医院 北村聡一をより知っていただくために

昭和50年神戸市兵庫区の企業城下町の笠松商店街で誕生しました。和田岬は路面電車が走り、運河を使った流通が発達し商店街も道全てが埋まるほど人で溢れかえっていた街です。

小学生時代

小学校は和田岬小学校に通っていました。小学生の時は、体も細く、背も小さくいちばん前で整列した時はいつも手を腰にして、前ならえをしている子を羨ましく思っていました。そのため、体のためにと剣道やスイミングスクールに通っていました。おかげさまで、冬でも友達と競って半ズボンで学校に通っていました。

小学校時代から夏休みの宿題の図工の宿題は特に力を入れていたように思います。その中で覚えているのは、『昆虫採集の標本作り』と『木で作ったビー玉迷路』です。昔は、昆虫採集用のキットが売られていました。今では売っているかわかりませんが注射器で防腐剤を昆虫に注入していたように思います。昆虫採集は、父親の田舎が高知県でしたのでそこでしていたように思います。羽を綺麗に見せれるように細いピンで止めていました。『木で作ったビー玉迷路』は木箱の中にスタート・ゴールがあって箱を持ってビー玉をゴールに到達するゲームを作りました。木枠や迷路の壁も全て木で作り、全てヤスリで研磨して完成させていました。しかし、先生に「親が作ったものだ」と言われ泣いて帰った記憶があります。あとの夏休みの宿題は残り一週間で仕上げたように思います。特に朝顔の日記は、芽が出てから、花がいっぱい咲いた絵の間を埋めるのに苦労していたように思います。

両親との思い出

両親は共働きで、父親が公務員、母親が北村歯科医院の二代目(旧佐藤歯科医院)の女性歯科医師でした。父親との思い出は、大阪に勤務するサラリーマンで、夜遅くに帰ってきて、土日はゴルフと釣りによく出かけていました。さすがにゴルフはできませんので一緒によく釣りに出かけていました。海釣りでは、明石や須磨、兵庫突堤に投げ釣りに、川釣りでは、生野銀山近くの川に出かけていました。母親は、今と同じ場所で歯科医院をしていました。当時も今と同じ診療時間でしていましたので、小学校から帰ってきたときに昼休憩であったりすると鍵がかかっていて、家に入れなかった時がありました。その時は商店街のお店の人の家に上げてもらい、母が帰ってくるまで面倒を見てもらっていました。当時は、女性歯科医師は100人に1人か2人くらいだと聞いています。働きながら、私を含め2人を産んで、食事を作り、朝の9時から夜の8時まで診療していたと考えると素晴らしいキャリアウーマンだと、今改めて思います。

中学・高校時代

中学高校時代は神戸を離れ、岡山で中高一貫校の寮生活を送っていました。寮生活は非常に厳しい規律の中生活をしていました。そのため、掃除、洗濯、身の回りの整理などは身についたように思われます。食事は、寮生活でしたので自炊はしていませんでした。寮生活は、中学一年生から高校三年生まで同じ建物で生活していました。寮の周りは全て田んぼと山に囲まれていて、6時の門限になると一切建物の外には出られなかったように思います。外に出ても何もありませんし、年に数名がマムシやスズメバチに刺されていました。寮生活は厳しい環境でしたがそのおかげで学年での団結は高かったように思います。都心の学校ではできないような体験もできました。寮は学校の敷地内にあったため、学校のグラウンドで毎週、同じ学年や違う学年とでサッカーやキックベースなどいつもしていました。20人、30人簡単に人が集まりますからね。団体行動・集団行動はここで身についたように思えます。

大学時代

 大学は大阪歯科大学で当時は大阪の牧野と天満橋に大学がありました。今は、樟葉と病院が天満橋にあります。大学時代は神戸の自宅から大学に通学していました。朝6時に起きて片道2時間半の通学で学校から帰ってくると部活もしていたので夜の11時になっていました。よく通っていたなと今でも思います。そのため、部活で遅くになる時は大学の近くに下宿していた同級生や先輩によく泊めてもらっていました。特に大学2回生の阪神淡路大震災の時は、電車も走っていなかったので、一旦三田まで行き、大阪に出てそこから京阪電車に乗って学校に行ってました。帰りが帰れなかったので一週間月曜日から土曜日まで色んな人に泊めてもらい、週末家に帰るような学校生活を2ヶ月くらい送っていたように思います。

北村歯科医院は、昭和27年にこの兵庫区和田岬にて開業し,院長である北村聡一は三代目となります。
先代の歯科医院の名称は佐藤歯科医院と申します。よく名前が違うので新しい歯科医院ですか?と聞かれますが、初代の祖父の佐藤文吾、二代目の母・北村摂津子(旧姓・佐藤)から引継ぎ開業いたしました。

北村歯科医院は、お子様の虫歯予防、歯列矯正、成人の審美歯科治療・インプラント、入れ歯や訪問歯科治療を行い、頼れる「町のかかりつけ歯科医院」を目指し、日々の診療を行っています。

北村歯科医院は、歯科医療を通じて「生涯を通じたお口の健康の維持・増進」に努めてまいりますので、よろしくお願いします。

 
 

笠松商店街の事業企画

現在、笠松商店街の中で青年部会が立ち上がっています。商店街に賑わいを取り戻すべく、様々な取り組みを行なっています。

北村歯科医院としても、商店街の一店舗として微力ながらも協力していっています。

平成29年度はこのようなイベント、企画を実行できるよう頑張ってまいります。

① 笠松フリーマーケット 不定期開催ですが定期的に行う予定です。

② 下町ふれあい夏祭り 9月に予定 笠松商店街最大のイベント 毎年カラオケ大会、夜店などたくさんの人で賑わ っています。今年も、夜店でお手伝いいたします。夜店の他に、縁日ゲーム、小学生による商人体験、地元ミュージシャンによるステージ演奏、ビンゴ大会と盛りだくさんのイベントになっております。

③ 憩いのスペース「笠松横丁」の開催

④ 新春セールともちつき大会 1月 (もちつき体験できます。)

⑤ 地元サッカーチームヴィッセル神戸の試合日に合わせたポスター展の開催、「クリムゾンレッドに街を染めよう!!」をコンセプトに旗の掲出

⑥「勉強会」(地域人材育成塾) 商店街で新しい店舗を誘致、そして商店街の店舗の地力アップのための勉強会を3月より3ヵ月おきに開催予定。

平成28年3月30日に第1回として「楽しく仕事するための考え方」をテーマに心理学を交えた研修会をさせていただきました。

   

    

医院名 北村歯科医院
住所 〒652-0864 神戸市兵庫区笠松通6-3-9
TEL 078-681-1582
FAX 078-681-1603

診療時間

 日・祝
9:00~13:00
16:00~20:00

※休診日:土曜午後、日曜、祝日

MAP

神戸市営地下鉄海岸線:和田岬駅より徒歩3分

三宮方面からのご来院の方は「三宮花時計前」より市営地下鉄海岸線にご乗車ください

三宮花時計前⇨旧居留置・大丸前⇨みなと元町⇨ハーバーランド⇨中央市場前⇨「和田岬」

西神中央・新長田方面からのご来院の方は「新長田」より市営地下鉄海岸線にご乗車ください

新長田⇨駒ケ林⇨苅藻⇨御崎公園⇨「和田岬」

駐車場:1台(無料パーキング)

院内紹介