2016.02.09更新

前回のかぶせものの種類〜前歯編〜は読んでいただけましたか?

今回はそれに引き続き臼歯部のかぶせものの種類について説明します!!

 

まずかぶせものを選ぶときのポイントをもう一度説明します。

前歯編でも説明したのですが...

まず、被せ物を選ぶときのポイントは

①健康面・・・むし歯再発のリスク、金属アレルギー、他の歯への影響

②耐久面・・・どれくらい長持ちするか

③見た目・・・自然で白く美しいか

この3つのポイントが大切です。

 

<かぶせものの種類>

☆保険適用のもの

クラウン

北村歯科

長所:保険で作れる為、安価で入れることができる

短所:色が銀色

   時間が経つと金属がさびて溶け出し、体内に入り金属アレルギーを引き起こすことがある

   金属により歯ぐきが黒ずんでくる恐れがある

保証期間:2年

 

 

☆保険適用外のもの

オールセラミック

北村歯科

長所:①②③のポイントすべてを満たす最高水準のかぶせもの

   自然で美しい口元を目指す方におすすめ

短所:まれに欠けることがある

保証期間:5年

 

メタルセラミック

北村歯科

長所:②③を満たす、裏打ちに金属を用いるセラミックのかぶせもの

   長年使用されている方法で強くて変色しない美しい仕上げになる

   入れ歯のバネにかかる場合や固定を行うのに有利

短所:まれに欠けることがある

   金属アレルギーのリスクがある

   歯ぐきがやせた場合、継ぎ目が黒く見える場合がある

   内側の一部金属が見える

保証期間:5年

 

オールジルコニアセラミック

北村歯科

長所:①②③をすべて満たすが機械にによる削り出しのため色の変化はつけにくい

   現在コンピューターの発展とともに急速に普及しているかぶせもの

短所:色が白くなりやすい

   症例による使い分けが必要

保証期間:5年

 

ゴールドクラウン

北村歯科

長所:①②を満たす

   金は金属の中で最も体に害がないとされている

   硬さの本来の歯に近く、奥歯として理想的で長持ち

短所:色が金色

保証期間:5年

 

以上が臼歯のかぶせものの種類です。

どれを選択するかによって見た目や強さ、将来のお口の状態が変わってきます。 

当医院では歯を入れる前にしっかりと説明をし、その患者様に合ったものを

一緒に考え、決めていくようにしています。

分からないことや気になることがあればいつでも相談して下さい!

将来楽しくお話したり、美味しくご飯を食べたりできるよう

お口のことについてしっかりと考えていきましょう!!!

 

兵庫区 北村歯科医院

 

 

投稿者: 北村歯科医院

2016.01.31更新

ニッケルによる金属アレルギー怖いですね。
口腔内はアレルギーになる条件がそろっています。

アレルギーは3つの因子「細菌」「水分」「金属」がそろうと発生します。

よく金属アレルギーのあるかた方が指輪やネックレスのふれているところが赤く発疹ができるのを見たことがあると思います。それは指輪などの「金属」皮膚の上にある「細菌」汗による「水分」といった3つの因子がそろいます。

「金属」が「水分」の中に金属イオンとなって溶け出します「細菌」によって炎症の起こった部分から体内に入っていくことでアレルギー症状が現れます。

お口の中ではどうでしょう。歯周病にかかっている場合たくさんの歯周病菌といった「細菌」が歯周ポケットに存在しますと「水分」は唾液、そして「金属」を使ったむし歯治療で3つの因子がそろいます。

 歯周病による歯肉からの出血、出血部位から重金属イオンの体への侵入
このような形で金属イオンが体への蓄積とつながっていきます。そして体全身にアレルギー症状が現れます。

金属アレルギーの治療法は、原因となる金属をお口の中から取り除くことそしてメタルフリー治療、また、歯周病の治療、歯周病へならないように予防が大切です。

金属の使った治療は、かぶせものがあります歯の全体をかぶせるクラウン・一部かぶせるかぶせものインレー・歯をつなげるブリッジ・前歯でかぶせる前装冠というものがあります。詰め物としては、アマルガム充填、入れ歯もばねの部分や本体の部分には金属が使われています。

すべて、金属の使わないメタルフリーの治療ができます。皮膚科でのパッチテストによる検査が必要になりますがお口の中の頻度の高い口内炎でや手・背中・足の裏にアレルギー症状がある場合でお口の中にたくさんの金属を使った歯の治療がある場合はご相談ください。

神戸市 兵庫区 北村歯科医院

投稿者: 北村歯科医院

2016.01.22更新

前歯にかぶせものをするとき、どんな種類のかぶせものがあるか知っていますか?

保険適用のものと保険適用外のものがあります。

今回はその種類について紹介します!

まず、被せ物を選ぶときのポイント

①健康面・・・むし歯再発のリスク、金属アレルギー、他の歯への影響

②耐久面・・・どれくらい長持ちするか

③見た目・・・自然で白く美しいか

この3つのポイントが大切です。

<かぶせものの種類>

☆保険適用のもの

硬質レジン 北村歯科医院 前歯   

長所:保険治療なので安い。

          

短所:色が変色する。

   プラスチックなので傷が付きやすく、歯垢ができやすい。

   まれに欠けることがある。

   金属アレルギーのリスクがある。

   年齢とともに歯ぐきがやせると継ぎ目が黒くなる。

 

保証期間:2年

 

☆保険適用外のもの

オールセラミック  北村歯科医院 前歯

長所:かぶせものを選ぶときの3つのポイントすべてを満たす最高水準のかぶせものです。

   自然で美しい口元を目指す方におすすめです。

 

短所:まれに欠けることがある。

 

保証期間:5年

 

メタルセラミック 北村歯科医院 前歯

長所:3つのポイントの②、③を満たす、裏打ちに金属を用いるセラミックのかぶせものです。

   長年使用されていいる方法です。

   強度があり変色しない美しい仕上げになります。

   入れ歯のバネにかかる場合や固定を行うのに有利です。

 

短所:まれに欠けることがある。

   金属アレルギーのリスクがある。

   年齢とともに歯ぐきがやせた場合継ぎ目が黒く見える場合がある。

   内側の一部金属が見える。 

      

保証期間:5年  

 

オールジルコニアセラミック 北村歯科医院 前歯

長所:3つのポイントすべてを満たすが機械による削り出しのため色調の変化はつけにくい。

   現在コンピューターの発展とともに急速に普及しているかぶせものです。

 

 短所:色調が白くなりやすい。

    症例による使い分けが必要。

       

保証期間:5年      

 

 

どのかぶせものを選ぶかによって将来のお口の状態に影響します。

当院ではかぶせものを入れる前にかぶせものの種類、特徴などの説明をおこなっています。

かぶせものをいれる際にはそれぞれの長所と短所を理解し、かぶせものの選択をされることをおすすめします。

いつまでも健康で美しいお口の中を目指しましょう!

ご質問がありましたら気軽にご相談ください。

 兵庫区 北村歯科医院

 

            

 

投稿者: 北村歯科医院