2016.03.15更新

歯の痛みの原因には、歯の神経・歯を支えている歯周組織に関連する場合とそれ以外の離れた部分の関連痛があります。また、その痛みは刺激なしに痛む自発痛と、外からの刺激で起こる誘発痛があります。

歯の治療を行うときに治療方針や治療計画を立てる上で問診が非常に大切です。

痛みの具合は次の点をお教えください。

① 痛みの場所および範囲

② いつから痛みだしたか

③ 痛みの経過 

④ 痛みの誘発される原因 温熱刺激 化学的な刺激(砂糖水)機械的刺激(歯ブラシがあたる痛み)

⑤ 痛みの性質 さすような痛み 鈍痛 一時的な痛み 間欠的な痛み 持続的な痛み 夜中の痛み 広がるような痛み

このようなことを教えてください

診査の仕方としては

① 視診(目で見ての判断)

歯が割れていないかどうか・削れていないか・すり減っていないか

虫歯があるかどうか・歯を治した部分があるかどうか

歯のまわりに炎症があるか

② 触診、打診

虫歯の状態の診査・触ったとき・たたいたときの痛みの種類

歯茎の腫れや痛み・うみがたまっているかどうか・リンパ節がはれていないか

③ 動揺度診査

垂直的・水平的にどの程度動いているか

④ 温度診

冷刺激・温刺激に対する反応

⑤ レントゲン診査

⑥ 電機歯髄診査

電気刺激を与えることによって神経が生きているか、死んでしまっているかどうかの判断に使います

⑦ 化学診

虫歯の部分や削れているところへの砂糖水などの刺激による痛みがあるか

⑧ 透照診

光を照射することにより歯の破折や小さな虫歯を検査する

⑨ 麻酔診

実際に麻酔を行い麻酔を行い痛みが消えるかどうかを調べる方法

このように歯の痛みに対してこのような検査を行い歯科医師は的確な診査・診断を行い治療をしております。

痛みが強くでる前に定期検診をし、小さい虫歯のうちに直していきましょう!いたみが強い場合は麻酔も効かない場合があります。痛みのない歯の治療を行うためには定期的に予防を行うことが最も有効な手段です。神戸市兵庫区 北村歯科医院 

 

 

投稿者: 北村歯科医院