2019.01.23更新

こんにちは。兵庫区にある北村歯科医院です。

皆様、最近涼しくなってきましたが、お体お変わりはありませんでしょうか。私は、寒がりなので、もう“こたつ”のことを考えてしまいます(笑)

 

さて10月20日に兵庫区役所の公会堂で行われた区民健康のつどいについてお話しようと思います。

今回、「エンディングプラン~私があなたに伝えておきたいこと~」というテーマの劇があったのですが、実は、私ともう一人、北村歯科医院のスタッフがその劇に出演させていただいていました。gya

劇には兵庫区内の医師や看護師、薬剤師、地域連携室の方…といった医療福祉関係のスタッフがメインで出演されていました。

私は、大学の卒業論文で『尊厳死について』というテーマで書いていたり、人工呼吸器のついた患者様が多く入院されている病院で医療ソーシャルワーカーとして勤めていたこともあり、今回の劇のテーマはとても考えさせられました。

<死>はだれにでも訪れます。今 終活という言葉がよく聞かれるようになってきました。

皆様、『終活』とは何かご存じでしょうか?

終活とは、終活カウンセラー協会によると… 「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動のこと。

終活には大きく3つのことを行います。

①エンディングノートの作成

エンディングノートとは、遺言書のように法的な拘束力は持たないものの、自分の身にもしもの事が起きた時に、ご遺族に知らせておきたいことや指事しておきたいことを書き残しておくためのノートです。 具体的には、自分史、個人情報の処理のこと、遺言書や財産に関すること、治療・介護の希望について、葬儀・お墓に関する要望などについて一般的には書きます。

②生前整理 

「元気なうちに自分自身で身の回りの整理」をすることです。 生前整理をすることで、自分が亡くなった後にご遺族が行う遺品整理の作業負担が軽減します。

③生前契約

エンディングノートに葬儀・お墓に関する要望という項目がありましたが、あらかじめ自分が入るお墓を自分で決めておく、お墓の生前契約も終活の一環であります。 特にお墓がない場合、自分の気に入ったお墓を生前契約しておくことで悔いのない最期を迎えられる事ができます。

となっております。

どのように最期を迎えたいか。一人一人考えや希望は違うと思います。ただ、自分が最期をどう迎えたいかを家族の誰にも伝えていないと、自分の希望通りの最期を迎えられないかもしれません。  私の母もこの劇を観に来ていました。後で感想を聞くと、「やっぱりちゃんとしとかないといけないんやね。」と言っていました。特に人工呼吸器は一度つけてしまうと、元気になって人工呼吸器がいらなくならない限り、外すことはできません。 今は健康でも、いつどんなことがおこるかわかりません。もし万が一のことが起きてしまったとしても、あわてないように備えておくことが大切だなと思いました。  

ちなみに…劇に参加して、日常業務で直接関わることがない方たちと関わることができてとても楽しいひと時を過ごすことができました。皆様、アドリブがすごくて、私ももう一人のスタッフも負けじとアドリブを炸裂させていました。 また、こんな機会がありましたらぜひ参加させて頂きたいと思います。

もし、この劇を観て頂いた方がいらっしゃいましたら、また感想を頂けるととても嬉しいです。nico

投稿者: 北村歯科医院

当院が紹介されました!