2017.07.30更新

 

こんにちわ!leaf

神戸市兵庫区にあります北村歯科医院です。

やっと梅雨明けしましたが、毎日暑いですね汗

皆さんは何か熱中症対策されていますか?

水分補給を忘れず、頑張ってこの暑い夏を乗り切っていきましょうgya

 

 

 

 

 

 

 

北村歯科医院には以前より患者様用の駐車場carが1台ありました。 

北村歯科医院

 

北村歯科医院 駐車場

 

 

 

 

 

 

しかし、商店街の道路が午後14時から翌日朝9時まで通行禁止(バイク含め)ということもあり、午後の予約の方には医院の駐車場がご利用頂けませんでした。

 

 

北村歯科医院

 

 

 

ので、この度医院の裏手にありますタイムズと提携を結びました!!

 

商店街には入らず、十字路をまっすぐ行って頂くと、右手側にございますhandglitter2

北村歯科医院 駐車場

 

こちらです!

 

北村歯科医院 駐車場

 

ご利用なられた方は、お手数ですが受付にて声をかけてくださいnico

1時間無料になるチケットをお渡しいたします!

 

 

 

 

そして、来月8月9日(水)午後の診療 〜 8月14日(月)まで

お盆休みとなっております。

8月15日(火)〜 通常診療となっておりますので、よろしくお願い致しますflower2 

 

北村歯科医院 駐車場

 

 

投稿者: 北村歯科医院

2017.07.08更新

神戸市 兵庫区の北村歯科医院 院長北村聡一です。

神戸市歯科医師会として、「フッ化物洗口について」保育所・幼稚園の先生に使用方法や取り扱いについて何度か講師としてお話させていただきました。

フッ化物洗口は、むし歯の予防には有効な手段ですが、材料のままでは劇薬の取り扱いとなりますので使用時には注意が必要となります

 

講演の途中には、テーブルクリニックで約10名の先生からいくつかアンケートや質問が寄せられます。

今回は寄せられたアンケート、質問をまとめさせていただきました。

神戸市の幼稚園・保育園でのフッ化物塗布はいつ行っていますか?

 フッ化物洗口の実地曜日や時間は幼稚園、保育所でそれぞれが決めています。

曜日としては、保育活動の支障のない火曜日と木曜日が多いようです。

時間帯としては、9時30分から10時30分が一番多く 子どもがしっかりそろって、落ち着く時間とのこと

次に多いのが、食後の12時45分から13時45分とのことでした。

フッ化物洗口は、歯みがきの後に行うことが望ましいが、効果は歯みがきの有無に関係なく効果が望めます。フッ化物が、プラークにとどまることでむし歯菌の増殖を抑制するからです。 

 

神戸市の園、保育所で歯みがきは行っていますか?

 

歯みがきは、約60%の園、保育所で行われています。

歯みがきによって、むし歯や歯肉炎の予防がしっかりできます。また、歯みがきの習慣を身に付けるためにもぜひ、行ってほしいです。

しかし、難しいところもあります。

歯ブラシ使用時の転倒などによる事故

歯ブラシの保管方法や衛生面

他の保育活動で歯みがきの指導まで手が回らない などです。

歯みがきを実施している園、保育所では、どのように行っているかというと

殺菌庫に保管し、月に一回歯ブラシを交換

毎日持ってきて、持ってかえる。

所定の場所を決めて、個々で保管できるようにしている などでした。

 

神戸市の幼稚園・保育所は歯みがきの行う時間はいつがいいですか?

一時期、食後30分の歯みがきは歯にダメージがあるといって いましたが、その情報はとくに酸性の強いたべものを食べたのち直ちにかたい歯ブラシで磨くとダメージを与える可能性はあります。といったものから報道されたものです

通常の食事であればあまり気にすることはございません。しっかり、歯みがきしてください。

 

幼稚園・保育所での虫歯予防の習慣づくりとして何を行っていますか?

食後、おやつ後のうがいの実施

絵本や紙芝居に要る歯科教育

歯科健康教室の実施 ( 3 4 5 歳や親子での健康教室)

よく噛んで食事をとる習慣を身に付ける

 

フッ化物洗口時でのヒヤリハットはなにがありましたか?

薄めたフッ化物洗口液5mmlを飲んでしまった。

  → 薄めた薬剤は劇薬ではありませんので、飲み込んだとしても安全です。何度も飲み込むようでしたら、ぐちゅぐちゅうがいができるようになるまで水で練習してください

 

薄めた洗口液が目にはいった。

 → 目に対する刺激や悪影響はありません。流水で洗うようにして下さい

 

フッ化物洗口に対する疑問について

アレルギーが気になる

 → フッ化物事態に対してはアレルギーはほとんどありませんが、ごくまれに洗口剤に含まれる添加物に対するアレルギーがあると考えられますが重篤なアレルギーは報告されていません

 

うがいができないお子様に対してどうするか?

 → 集団での洗口はできません。まずは水でしっかりぶくぶくうがいができるようになってから実施するようにしてください。歯ブラシに洗口液をつけて塗ることはできますので個別に対応して下さい。

 

フッ化物配合の歯みがき粉の使用について

 → 大いに利用してください。しかしフッ化物洗口やフッ化物塗布と比べると効果が低いです。歯みがき後のうがいの回数や使用量が各個人で違うので効果が見えにくいです。

 

小学校でのフッ化物洗口について

 → 神戸市では特に行っていませんが、継続しておこなうことで効果はでるように思われます。かかりつけ歯科医院で行うようにしてください。

まとめ

集団での虫歯の予防としてはフッ化物洗口は優れた手法です。しかし個別での虫歯予防としては、歯磨き、砂糖の摂取のコントロール、そして歯の質の強化(フッ化物の応用)の三つをしっかり行うことが大事です。

そのためには、歯科医院での定期管理が必要になってきます。個々の成長に応じた歯磨きや食生活指導、フッ化物の塗布が歯科医院では行うことができます。担当の衛生士がお口の中の写真やお口の中のばい菌を顕微鏡で調べることもできます。またフッ化物塗布は歯科医院でしかできない予防処置となっています。

詳しくはお時間をいただき、お口の中を見させていただき相談いたしますので「虫歯予防をしたいんですが予約お願いします」とご連絡ください。電話番号 078-681-1582 となっております  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        

投稿者: 北村歯科医院

2017.03.06更新

みなさんこんにちわ、神戸市兵庫区和田岬にある北村歯科医院 院長北村です。

現在神戸市歯科医師会、兵庫区歯科医師会で地域保健を担当しています。

兵庫区区役所で「子供の歯の健康を守るために」の講演会をさせていただきました。

その中での抜粋になりますが兵庫区での虫歯の状況と虫歯にならないための予防方法についてお話ししていきたいと思います。

三歳児での兵庫区の虫歯のある子供の有病率

平成26年度 19・8% (神戸市15・0%)

平成27年度 19・6% (神戸市14・4%)

つまり、神戸市では、3歳児が100にいたら約14人が虫歯になっている

兵庫区では約20人が虫歯になっているということです。

この数値は

平成26年度では神戸市9区で一番悪い 

平成27年度では神戸市9区で二番目に悪い

数値になっています。

原因として

1 おやつのダラダラ食い
2 水・お茶の代わりにジュースを飲んでいる
  一日 三回以上
3 仕上げ磨きが習慣化されていない

兵庫区の歯科検診の中にある質問での統計ですが、このような傾向が見られます。

虫歯になる四つの原因について

1歯の質 2糖分 3虫歯菌 4時間

この4つが原因です。

虫歯の予防にはそれぞれに対策を立てていけばいいんです。

1歯の質・・フッ化物塗布やフッ化物洗口による歯質の強化

2糖分・・砂糖の多い食べ物を減らす

3虫歯菌・・しっかり歯磨きをする

4時間・・長い時間虫歯菌が歯についたままの状態にしない

お口に食べ物(糖類)が入ると虫歯菌が増え、虫歯菌が酸を産出します。

お口の中が酸性になり、歯の表面が溶け出します。(脱灰)

その後、食べ物がない状態になると唾液によりお口の中が中性に戻ります

そして、唾液の中にあるカルシウムによって再石灰化が起こり溶かされた表面が戻ります。

これが食事・おやつのたびに繰り返されています。

おやつをだらだら食べたり、水・お茶の代わりにジュースを飲んだりしているとお口の中がずっと酸性のままになり歯の表面が溶けた状態が長く続きます。この時間がずっと続くと虫歯になります。

また、虫歯菌が多いと酸性になりやすくなります。仕上げ磨きで虫歯菌を減らしましょう!

虫歯の予防、定期検診を北村歯科医院では強くオススメしています。

 kitamurashika.jp

 現在、兵庫区歯科医師会では以下の取り組みを行っています。

1、認知してもらうために虫歯有病率のチラシ『ストップ!!むし歯』の作成

2、一歳半検診時での仕上げ磨き用の歯ブラシの配布と指導

3、保育所・幼稚園でのフッ化物洗口の導入(兵庫区77%が導入しています)

お子様のむし歯予防には保護者の協力が不可欠です。

今後とも、兵庫区の虫歯を減らすためご協力おねがい致します。

投稿者: 北村歯科医院

2016.12.07更新

 

① インフルエンザ ② 感染性胃腸炎 ③ RSウイルス ④ マイコプラズマ肺炎 ⑤ 溶連菌感染症 などがあります。

 

 

 

① 平成28年度11月の兵庫県ではインフルエンザA型が大変流行しております。

症状としては、急な発熱、全身のだるさ、38から40度の熱、嘔吐、下痢などが挙げられます。

発症後48時間以内にインフルエンザ薬を使用すると、早期回復が見込めます。インフルエンザの判別は発熱後12時間経たないと判別できない場合があります。

 

 

② 感染性胃腸炎には、ロタウイルスによるものとノロウイルスによるものがあります。

ロタウイルスとノロウイルスの違いとは…?

ロタウイルスは赤ちゃんや子どもにかかることが多く、症状は米のとぎ汁のような白色を帯びた水っぽい下痢、発熱が数日にわたって続きます。

ノロウイルスは年間を通して老若男女発病の可能性がある、別名「おなかの風邪」とも言われています。

症状は比較的に熱や下痢は軽く、強烈な吐き気が特徴です。

潜伏期間もロタウイルスは2〜4日、ノロウイルスは1〜2日とノロウイルスの方が短いです。

感染を防ぐためには、手洗いです!

ウイルスが付着したものに触れる可能性が高いのは手であることから、しっかり手洗いをすることでウイルスを洗い流し、感染の大きな原因を防ぐことが出来ます。

 

 

③ RSウイルス感染症とは、RSウイルスによる呼吸器の感染症です。

4〜5日の潜伏期間を経て、鼻水程度のかぜの症状があらわれます。乳期、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。

そのため、特に乳児期早期(生後数週間~数カ月間)のお子さんがいらっしゃる場合には、感染を避けるための注意が必要です。

発症の中心は0歳児と1歳児なので、子どもたちが日常的に触れるおもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや塩素系の消毒剤等で消毒し、流水・石鹸による手洗いか又はアルコール製剤による手指衛生で感染を防ぎましょう!

 

 

④ マイコプラズマ肺炎とは、感染して2〜3週間の潜伏期間を経て、頭痛や倦怠感、発熱などの全身症状があります。

2週間経つと、が目立ちます。コンコンという痰の絡まない乾わいた咳で、夜間に激しい咳が見られるなどの特徴があります。

予防法としては、飛沫感染と接触感染への対策になります。

風邪やインフルエンザの予防と同じく、普段から手洗いとうがいを徹底し、閉め切った場所や人混みの中ではマスクを着用するようにしましょう。

 

⑤ 溶連菌感染症とは、こどもに多い「のどの病気」です。

突然の発熱、喉の痛み、咽頭炎、扁桃炎などの症状があります。そして、細かい発疹が体や顔、手先、足先などに出て、かゆみを伴う場合舌に赤いぶつぶつが出ることもあります。

予防法としては、感染している人との接触を避けることが何より大事です。また、手洗い・うがいの励行、マスクを使用するなども有効とされています。

もしも家族が溶連菌に感染した場合、同じ食器やコップ、タオルの使用は避けましょう。感染した患者さんは、できれば別の部屋で過ごすなどの対策を取るのが理想的です。

 

 

 

感染対策の基本は手洗い・うがいです!

そして乾燥しがちなこの季節は、ウイルスが浮遊しやすくなるため、感染が広がりやすくなります。

暖房や加湿器などを用いて適切な温度湿度を保ちつつ、時々換気も行うようにしましょう。

 

投稿者: 北村歯科医院

2016.02.29更新

神戸市と兵庫区の歯科医師会で地域保健を担当しています。

今回、地域保健の連絡協議会がありました。その中で、神戸市兵庫区で関係あるものをまとめていきたいと思います。

神戸市では、現在「こうべ歯と口の健康づくりプラン」が施行されています。

「生涯自分の歯でおいしく食べる」および「口の健康から全身の健康づくり」に基づき、歯科口腔健康保健活動をおこなっています、その取り組みとして

① かかりつけ歯科医を持つ

② 歯みがきで歯垢を取る

③ フッ化物を応用する

④ カミング30

⑤ 煙草を吸わない

の五項目をあげて活動しています。

神戸市では妊婦歯科健診、一歳半健診、三歳児健診、40歳・50歳健診、歯周疾患健診を行っています。

兵庫区でのそれぞれの検診結果を報告します。

妊婦歯科健診では、309名で31・8%のかたが受けています。そのなかで虫歯のある人167名と約半数の人が虫歯にかかっています。また、290名の約9割が歯肉炎や歯周病にかかっています。

一歳半健診では、虫歯の持っている子どもの数の率が神戸市の中で一番悪く2・9%(神戸市平均1・6%)虫歯の活動性試験では、36・4%とこれも一番悪い数値となっていました

三歳児健診では、一歳半健診と同様、虫歯の持っている子どもの数の率は19・8%(神戸市平均15・0%)と神戸市の中で一番悪い数値でした。

40歳健診は102名、50歳健診では16名の健診数となっていました。まだまだ健診くるかたが少なく神戸市では広報活動に力を入れています。

また、結核の新規に感染している方も330名となくならない疾患となっています。

人口10万に対する結核有病者数は兵庫区と長田区と中央区が多く20%を超しています。

幼児期での虫歯の予防で大切なのは

① 仕上げ磨きを行うこと

② おやつのあげる時間を決める。お菓子のあげる回数を減らす、ジュースをあげない

③ フッ化物を応用する

このことを頑張っていきましょう。神戸市 兵庫区 北村歯科医院

 

投稿者: 北村歯科医院