2015.09.01更新

毎年8月最後の週におこなう大阪歯科大学バレー部の仲間で何かに挑戦の旅開かれました。

個人的な集まりなのですが、なにかと色んなことにtryしてきています。(例えば空中ブランコ)

本年度はしまなみ海道で初サイクリングの旅を計画しました。

「しまなみ海道でサイクリングするよ」といって

ママチャリで尾道の市内観光と思ってた人には驚きの計画だったようでした。

尾道駅にあるホテルU2に宿泊し自転車をレンタルしてしまなみ海道に出発の予定です。

自転車

前日の土曜日はあいにくの大雨でした。

することもなく尾道ラーメンを食べ、夜には、お好み焼き屋で、広島焼きと尾道焼きを食べました。

しかし!いつもこの旅に参加するのは晴れ男集団

日曜日はなんとか天気も持ち直し曇り時々晴になっていました。

出発は、尾道駅駅前にある渡船からスタートし向島に渡り、因島大橋を渡り因島へ、

生口橋を渡り生口島へ、多々羅大橋を渡り大三島へ

道の駅で昼ご飯を食べて、瀬戸田港でフェリーにのって尾道駅前に帰ってくる計画をたてました。

しまなみ海道

走行距離約50キロ

普段自転車に乗っている人 0

10年以内で一時間以上時自転車に乗っている人 0

のなかtryしてみました。

しまなみ海道はサイクリングをする道にすべて青い線が引かれておりこの青い線にそって行けば

道に迷わないようになっています。瀬戸田市内を通る道は車も多く道も狭いですが、

その他の道はよく整備されて初心者にも安心して走れました。

また、青い線には今治までの距離も表示されていました。

道中、橋を渡る度、1・5キロの目に見える上りの坂道!!

3キロくらいの緩やかな上りの坂道!に苦しみながら

上った先の橋の上での眺めと、それが終わった後の下り坂、一緒に走る仲間たちに励まされながら無事走破することができました。

橋上の眺め

道の駅

 この、多々羅大橋の見える場所が、道の駅になります。

ここまで、40キロ途中休憩も入れながらですが、疲れきったからで食べる塩ラーメンとみかんソフト

めっちゃくちゃ美味しかったです。

この後、10キロきた道を戻り、瀬戸田港にてフェリーにのってホテルに戻りました。

約3時間30分の自転車を運転し50キロを走破する旅となりました。

普段自転車に乗らない身、サドルにあたり腫れたお尻の痛みに耐えながらの帰路となりました。

帰りの電車では、みんな50キロ走れたことへの達成感と疲労を抱えながらの爆睡でした。

                      兵庫区 歯科医院 北村歯科医院 北村聡一

 

 

 

 

投稿者: 北村歯科医院