2018.08.30更新

みなさんこんにちはni

神戸市兵庫区にある北村歯科医院です。

暑い日が続いていますが、みなさん体調はいかがですか?

熱中症にならないよう水分補給をしっかりして夏を乗り越えましょう!

 

今回は歯科医院でできる子どものむし歯予防について話したいと思いますnico

小児歯科でも行われる虫歯予防の定期検診、シーラント塗布、フッ化物塗布について説明していきます。

 

 〈定期検診〉

定期検診では、お口の中の状態、歯の生えている状況やかみ合わせ、むしばの有無など総合的に見ていきます。また、歯科衛生士さんの手でクリーニングを行ったりブラッシング指導や食生活のアドバイスを受けることが出来ます。

問診では、歯磨きの回数、仕上げ磨きの回数、おやつの内容、授乳の頻度をチェックします。

お口の中の検査では、むし歯の有無、かみあわせ、軟組織に異常はないかをチェックしていきます。

初期むし歯がある場合は食生活の改善、歯磨きの改善によって再石灰化され削らずに済む場合があります。

 

 〈シーラント〉

シーラントとは何かご存知ですか?

むし歯になりやすい場所は、歯と歯の間、歯の溝など様々ですが、特に子どもの生えたばかりの歯は、噛み合わせの部分の溝が深いため汚れが溜まりやすく、むし歯になりやすいです。

そこで、生えたばかりの歯の溝を、あらかじめプラスチックで埋めることで汚れが溜まりにくくなり、効果的にむし歯を予防することが出来ますni

これを「シーラント」といいます!

むし歯ができていなければ、削ることはありませんし、痛みを伴う治療ではないので、安心して治療を受けることが出来ると思います。

シーラントを埋めた部分はむし歯になりにくくなりますが、部分的な予防なので、奥歯の歯磨きはいつも通り丁寧に行うようにしてください。

またシーラントは部分的に外れることもあるので定期的に歯科医院でチェックしましょう。

 

 〈フッ素塗布〉

フッ素塗布では、歯の汚れを綺麗に落としてからフッ素を塗布していきます。

歯科医院で使用するフッ素は家庭用フッ素よりも濃度が高く、初期むし歯の治療も可能です。

塗布後は、30分間飲食は控えてください。

フッ素塗布は1回で終わりではなく、定期的に塗布することが大切です。

ただし、フッ素を塗ったからむし歯ができないというわけではないので、歯磨きはしっかり行うようにしましょう!

当院では、フッ素塗布を頑張った患者さんには、ガチャガチャのご褒美もありますihi

ガチャガチャを楽しみに来院してくれる子も多いです^^

 

初めての歯医者さんはお子様も親御様も不安だと思いますが、むし歯になる前に予防することがとても大切です。

泣いて治療が受けられないお子様も、こちらでしっかりサポートしていきますので一緒に頑張りましょう!

 

神戸市兵庫区 北村歯科医院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 北村歯科医院

当院が紹介されました!