2016.11.16更新

 

7月から4回に分けて行われた新人スタッフ育成塾に衛生士2人で参加してきました!!

最初はどのようなものかすごく不安に思い、参加しました。

行ってみると、たくさんの歯科衛生士の方や、受付・助手の方、その他の医療関係者の方も

参加しており、大変多くの方が参加していました!

 

このセミナーに参加して、自分が悩んでいることは他の医院さんも

悩んでおり、みんな同じようなことで悩んでいるのだと知りました。

 

他の医院の方と名刺交換をしたり、会話したりと普段出来ない事をして

すごく新鮮な気持ちでしたihiglitter

いつも席はバラバラで毎回名刺交換をするため、たくさんの方と

コミュニケーションをとることができ、学ぶ事もたくさんありました。

 

この4回の育成塾を通じて、仕事への考え方や、患者様への接し方など

回を重ねるごとに変わっていったように思います。

この勉強会に参加して最初に比べ、モチベーションも上がり、

頑張ろうという気持ちが増しました!

しかし、このモチベーションを高いまま保つことがすごく難しく、

下がってしまう事も多々あります。

そういう時こそ、医院のスタッフや先生との協力が必要であると思います。

私も他のスタッフが困っていたり、悩んでいるときは

協力し、支えになれる存在になりたいと思います。

 

この勉強会を通じて、社会人としての基本や仕事に対しての考え方、

モチベーションの維持の仕方などたくさんの事を学ぶことが出来ました。

学んだことをこれからの仕事、生活に活かしていきたいと思いますstar

 

そしてこれから北村歯科医院がもっと良い歯医者になれるよう

スタッフ一同頑張っていきたいと思います!!!

 

兵庫区 北村歯科医院

 

投稿者: 北村歯科医院

2016.11.14更新

神戸市兵庫区の北村歯科医院です

皆さん、こんにちは!

最近、寒くなってきましたね。秋を通り越して、冬がきたように感じてしまいます。私は極度の寒がりなので、我が家ではこたつを出しています。でもこたつはダメですね。一度、入ると出れなくなってしまう…(笑)

寒い寒いと思っていたら、昨日はかなり暑かったですよね。こんな風に寒かったり暑かったりすると体調崩しやすくなりますので、どうか皆様、お体気をつけて下さいね。ni

 

今日は、メンテナンスの重要性について少しだけお話したいと思います。

突然ですが  今の、日本とアメリカの80歳で残っている自分の歯の平均的な本数は何本ぐらいだと思いますか?
     
   

  正解は      日本   8本
            アメリカ  17本

なんと、アメリカは日本の約2倍もの歯が残っているんです!!

どうしてアメリカと日本でこれだけ差がついてしまっているのでしょうか?

 

実は…

  アメリカの治療費はとっても高額なんです。
例えば・・・神経をとって被せものをすると
       1本なんと30万!もしてしまうんですgan
   そのため、アメリカでは、子どもの頃から読み書きよりも歯ブラシとフロスの使い方を覚えさせているそうなんす!!

 

この話を先日、ある患者様にお話しさせて頂いたところ、「日本では、メンテナンスの少しのお金で歯を残していけるんだったら、絶対メンテナンス行った方がいいよね」と言って頂きました。本当にその通りなんです!!

メンテナンスでは、歯周病やむし歯の早期発見・早期治療、またその予防

          そしてご自身でされている歯磨きでは取りきれない汚れのお掃除などを行っていきます。

 

歯周病やむし歯のせいで、歯が抜けていったり、歯を抜かないといけなくなってしまう方は少なくありません。

そうならないように、日本でも、80歳になっても、健康な自分の歯を多く残すために、ぜひ、定期的に歯のメンテナンスにお越し下さいね!!ihi

 

投稿者: 北村歯科医院

2016.11.13更新

第4回笠松商店街 人材育成塾が平成28年11月9日 14時から15時半 会場は和田岬地域福祉センターで開催いたしました。

笠松商店街では、商店街の活性化、若手商店街店主の育成のため、人材育成塾を開催しております。今回のテーマは「集客できるチラシのデザインセミナー」ということで高木印刷の高木 佑介さんに講演いただきました。

笠松商店街では「かさまん」という商店街のチラシを二ヶ月に一度発行しています。各店舗のお買い得情報や笠松商店街の活動の報告などを掲載している「地域情報チラシ」を新聞折込チラシとして発行しています。

かさまんをもっと集客につなげるためにはどうすれば良いか?そして、各店舗の作るチラシをもっとより効果のあるものに変えていくためにはどうすれば良いか?を話し合いました。

チラシに必要な知識として『マーケティング』があります。

マーケティングに必要な3つの要素『ターゲット』『メディア』『メッセージ』があります。これを明確にすることでより効果の出るチラシを作ることができます。ターゲットをしっかり絞り、ターゲットにあった広告媒体を使ってメッセージを届けることにあります。

メッセージの中で特に大事になるのが『キャッチコピー』となります。

今回、キャッチコピーの作り方は大変参考になりました。そのコツとしてベネフィットと特徴を間違わないで伝えるということ、そしてマズローの五段階欲求を満たすことでした。

『ベネフィット』とはお客さんの利益 『特徴』は商品・サービスの特徴

マズローの五段階欲求とは1、生理的欲求 食欲、睡眠欲、性欲など 2、安全の欲求 安全安心 安定 3、社会的欲求 所属感がある、孤独から逃れる 4、尊厳の欲求 認められたい 尊敬されたい 5、自己実現の欲求 夢を実現したい といった五段階の欲求の事です。

講演では、『キャッチコピー』の作り方を実例を挙げて勉強していきました。

笠松商店街では、このような講演会を続けていきたいと思いますので、ぜひご参加下さい。この講演会の広報も考えていかないといけない部分ではありますが・・

神戸市兵庫区 安全安心の100年続くかかりつけ歯科医院へ 北村歯科医院 

 

投稿者: 北村歯科医院

2016.11.07更新

みなさんは歯磨き粉をどのような基準で選んでいますか?

歯磨き粉にもいろいろ種類があって何を基準で選んだらいいのか分からないという方もいらっしゃると思います!

そこで今回は歯磨き粉の選び方について説明したいと思いますo(^▽^)o

 

 

歯磨き粉の基本的な効果は

歯石を防ぐ

プラーク(歯垢)を除去する

歯を白くする

口臭を防ぐ

です。

これらの基本的な効果以外にも、配合されている成分によって様々な効果が期待出来ます

歯周病予防

むし歯予防

知覚過敏用

ホワイトニング

子ども用

などいろいろな目的によって配合されている成分が違いますが、この中から自分に合った歯磨き粉を選ぶことで効果が期待出来ます!

では、どのような成分が入っているとどんな効果があるのか紹介します。

 

まず、歯磨き粉の主な成分は

湿潤剤   グリセリン、ソルビトール、プロピレングリコール(PG)など

  ∟歯磨き粉に適度な湿り気を与える。   

清掃剤   無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど

  ∟汚れやプラーク(歯垢)を落とす。

発泡剤   ラウリル硫酸ナトリウムなど

  ∟歯磨き粉が口の中に広がるようにする。

香味剤   サッカリンナトリウム、メントール、ミント類など

  ∟爽やかな香味を与える。

粘結剤   カルボキシメチルセルロースナトリウム、アルギン酸ナトリウムなど

  ∟成分が分離することを防ぎ、粘性を与える。

薬用成分  フッ化ナトリウム、トラネキサム酸、デキストラナーゼなど

  ∟それぞれの薬用成分の有効性が、歯と口の疾患予防の働きをする。

 

この中の薬用成分に何が配合されているかによって目的が変わってきます。

薬用成分には 

<むし歯予防>

フッ化物、トリクロサンなど

 

<歯周病予防>

トラネキサム酸、グリチルリチン酸、クロルへキシジンなど

 

<知覚過敏用>

乳酸アルミニウム、硝酸カリウム、塩化ストロンチウムなど

 

<歯石予防>

ポリエチレングリコール、ポリリン酸ナトリウム、ポリリン酸塩

などがあります!

 

例えば、当院で扱っているこの歯磨き粉はむし歯予防に最適です!

北村歯科医院 歯磨剤1北村歯科医院 歯磨き粉2

パッケージの表にも分かりやすく書いてありますが、成分表の薬用成分のところにもフッ化ナトリウムというフッ化物が配合されていると記載されています。

また、商品説明にむし歯の進行、発生を予防しますと書いてあります。

ほとんどの歯磨き粉が、このように何に効果があるのか記載されていることが多いので商品説明をよく読むようにしましょう!

また、成分表の薬用成分のところをみて何が配合されているのか調べてみると商品説明に記載がない場合でも分かります。

むし歯がよく出来る人はむし歯予防の歯磨き粉、歯科医院で歯周病と言われた方、歯磨きの時に出血する方は歯周病予防の歯磨き粉、冷たい飲み物がよくしみる人は知覚過敏用の歯磨き粉、着色が気になる人はホワイトニング成分の入った歯磨き粉、子どもさんは味付きの歯磨き粉など自分に合わせて歯磨き粉を選ぶようにしましょう!

当院でも症状に合わせた歯磨き粉を販売していますのでお気軽にご相談ください!

 

神戸市兵庫区 和田岬にあるかかりつけ歯科医院 北村歯科医院

 

 

 

投稿者: 北村歯科医院