2020.08.20更新

皆様、こんにちは。兵庫区和田岬にあります北村歯科医院です。

毎日暑い日が続いていますburn

皆様熱中症に気をつけてお過ごし下さいleafleaf

 

さて、今日は舌痛症のお話をしようと思います。

皆様、舌痛症とは何かご存知ですか?

 

舌痛症とは

舌に特に器質的病変がなく、客観的にも異常は認められないのに舌尖部から舌背部中央、ないし側縁に不安の疼痛を訴えるものです。

好発部位・年齢     

舌がピリピリする。チクチク痛む。といった症状が、テレビをぼうっと見ている時などに起き、年齢層は、50〜70代の女性に多いそうです。食事中や愉しい雑談中や趣味など集中している時は、起きにくいのも特徴です。

原因

原因は不明ですが、ストレスやホルモンの異常などが関係しているのではないかと言われているため、舌痛症は口腔心身症とされています。

 

口腔心身症とは…

心身症とは、一般的に発病や経過に心理的な因子が重要な意味を持つ身体疾患を心身症と呼びます。心理的要因(心因)によって引き起こされる身体病であり、心理的治療と並行して身体的治療によって軽快し治癒するものです。そして、身体的な症状として口腔内に現れるのが、口腔心身症です。歯や舌などに痛みや障害が生じて歯科医院を受診しても、これといった原因が見当たらないことが多いというのが特徴です。

舌痛症と診断された時は、積極的に治療する必要性は小さいです。それは、患者様は、「痛い」と感じられていますが、歯学の観点では舌痛症の患者様には異常や問題がないためです。炎症も起きていないので、炎症を抑える作用がある痛み止めを飲んでも効果はありません。

一般歯科医院・口腔外科などにまずはご相談ください。

症状の軽減のためにできること

口を水やうがい薬で満たすことで症状が和らぐ患者様は多いそうです!!

 そして、ストレスを溜めないよう生活習慣を見直すことも大切です。時間があるときは深呼吸をするなど、リラックスを心がけたいですね。また、歯に負担が掛かることは痛みやストレスの元になるので食いしばりは良くありません。理想は、唇を軽く閉じたとき、上下の歯が接触させない状態です!!

 

(参考文献)口腔外科診断学 より

神戸市兵庫区 北村歯科医院

 

 

 

投稿者: 北村歯科医院

SEARCH

当院が紹介されました!