2018.03.22更新

こんにちは、神戸市兵庫区にある北村歯科医院です!

最近少しずつ暖かくなってきましたねflower2

「花粉の季節が来た!!」と悩んでいるスタッフもいますehe

 

これから暖かくなり、喉が渇くことも多くなってきますね汗

みなさんは、ドライマウスという言葉を耳にしたことはありますか?

口腔乾燥症とも言われ、唾液の分泌が少なくなり口の中が乾燥する病気です。

乾燥での困りごとして出てくるのは

入れ歯が落ちてくる

お口の中が炎症によってヒリヒリするという事が多いです。

 

唾液は、口の中にある3つの唾液腺(舌下腺、顎下腺、耳下腺)と呼ばれる器官から分泌されます。

健康な成人では、1日約1.5リットルもの唾液量が出るそうです。

この唾液量が減ってしまうと、口の中が乾燥した状態になります。

 

唾液には様々な働きがあり、

・消化作用

・歯の再石灰化

・自浄作用

・抗菌作用

・粘膜の保護や臓器修復

などのたくさんの役割を担っています。

ドライマウスが原因で唾液量が減ってしまうと、

これらの働きが弱くなってしまい、免疫力が低下してしまいます。

免疫力が低下すると、風邪などひきやすくなり、

最悪の場合、肺炎などを引き起こす原因にもなります。

 

ドライマウスの具体的な症状としては、

・口臭がある

・口が渇いて夜、目が覚めてしまう

・食べカスが、歯や粘膜に付着しやすい

・口内炎ができやすい

・義歯が合わない

・唇の皮がむける

・舌のひび割れ

・食べ物が飲み込みにくい  

などの症状が見られます。

 

上記のような症状が複数ある場合は1度歯科医院に

相談することをお勧めしますtooth

 

 

ドライマウスは、いろいろな原因が複合しあって出る症状と言われます。

その中でも、ストレス口周りの筋力の低下が主な原因だと言われています。

ストレスがある状態だと、唾液量をコントロールする自律神経がうまく機能しなくなり、

唾液の分泌量が減ってしまい、口の中が乾燥しがちになってしまいます。

また唾液は、筋肉の動きによって、唾液腺から口の中に押し出されます。

加齢による筋力の衰えはもちろん、若い人でも柔らかい物ばかり食べている人は、

口の周りの筋力が衰えがちになり、ドライマウスを引き起こす原因になります。

 

ドライマウスの対処方法として有効とされている方法の1つとして唾液腺マッサージがあります。

唾液腺を刺激することで唾液の分泌を促す効果があります。

 

★唾液腺のマッサージ方法

1、耳下腺のマッサージ

  耳下腺は、耳たぶから頬骨のあたりにかけてあるので、

  指3本を頬に当てて、上の奥歯のあたりを回すようにマッサージします。

 

2、顎下腺のマッサージ方法

  顎下腺は、耳下腺より少し顎の方にあるので、耳の下から顎の下あたりの

  柔らかい部分を指先で押してマッサージします。

 

3、舌下腺のマッサージ方法

  舌下腺は、下の歯の下部にあります。

  両手の親指をあごの骨の下において、上方向に押すようにマッサージします。

 

このような簡単なマッサージでお口の乾燥を防ぐこともできるので

ぜひ1度試してみてくださいo(^▽^)o

やり方がわからないという方はいつでも聞いてくださいね!!

 

口腔内の乾燥がある場合何度もうがいをしたくなります。

自宅で、うがいをする場合はノンアルコール系の洗口液を使うようにしてください!

成分表を見るようにして下さい。

アルコール成分の入った洗口液はすっきりとして爽快感があるかと思いますが

口腔内の乾燥につながりますのでご注意ください!

 

口腔内乾燥に対する症状に対してお薬の処方として人工唾液が出される事があります。

症状を和らげる効果もちろんありますが副作用のありますので用法用量をきちんと守ってください。

 

 

 

口の乾燥で少しでも悩んでいる方、口の中に対して悩みのある方は、1度北村歯科医院にご相談ください!

一緒にお口の悩みを解決していきましょう(*・∀・*)ノお待ちしております!

 

神戸市兵庫区 北村歯科医院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 北村歯科医院

当院が紹介されました!